夫婦で初SWに挑戦した時の話 | 寝取られ・寝取り体験談 ※すべての寝取られ好きに送るまとめ集

夫婦で初SWに挑戦した時の話

40代後半、夫婦で 初SWに挑戦。

同じ年配のご夫婦と喫茶店で顔見せして、数日後に1泊の温泉旅行。

夕食後、12畳間に床の間のついた大きな和室の両はじに

それぞれの布団を寄せ枕元の行灯形の小粒ライトだけにし、お互いに気が散らないように工夫。

そうはいっても なんせ初体験。

自分の妻が気が気でなかった。

相手はかなりの経験者で、私は気後れしながら始めた。

妻の最初の『うぅ~ん』という呻き声にビックリしつつも

こちらも一生懸命に集中できるように努力。

そのうち 妻の喘ぎ声がだんだんと激しくなり

いままでの妻からは聞いたことないような長ーい絶叫が続いた。

もう、私のほうは途中で萎えてしまい 沈黙で中断でした。

妻と相手のご主人は、どうやら イッたようだった。

二人は微動だにしないで数分間も重なりあったままだった。

時折 二人の小声の会話が漏れてきた。

相手のご主人の『よかったですか?』の問いに妻は『はい、とても、よかったです』とかと

喘ぎ声をまぜながらも懸命に他人行儀に丁寧な言葉遣いで答えていた。

外に射精したらしく『お風呂場で流しましょうか?』と小声で相手のご主人が言うと、

『ハイ、そうですねぇ』 『あぁ~、べとべとしてますわぁ』と、

これまたバカ丁寧な口調で返事。

相手に抱きかかられるように 妻はヨロヨロと立ち上がり彼にしなだり

全裸のままユックリと部屋にある風呂に行った。

その後ろ姿は、完全にイカされて もう身も心も魂すらその男性の手中という生々しい姿態だった。

こっちは一度終えたけど、妻たちは風呂からなかなか出てこなかった。

トイレに言ってくると相手の奥さんに言い 心配な私は床を離れた。

そして暗い脱衣所の先にある風呂場に目をやった。

なぜか浴室も真っ暗だった。

そーっと 浴室の引き戸を1,2cm引いて片目をあてた。

庭の水銀灯の明かりに檜の浴槽にいる二人が映し出された。

下になった相手の主人の腰に腰掛けるように妻は抱きすくめられていた。

彼の手は妻の下肢を弄っているようだった。

もう一方の手で妻の顎を自分のほうに引き寄せ、

顔を後ろにそむけられた妻は彼の口の中に舌を垂らしていた。

普段は受身なのにこの場での妻は別人のように自分から甘えていた。

妻たちが風呂から出てきたのは、その1時間くらいあとだった。

そのころには私の相手の奥さんは、寝入っていた。

妻たちが風呂から出る気配がしたので、私は薄目でタヌキ寝入りした。

すると妻が『あらぁ、おやすみのようですわ』と小声で言った。

二人は床に入ると、お湯のことなど話題にしながら睦みあいだした。

彼が『ほら、もうこんなに固くなっちゃった』と言うと、

妻は『まぁ、こんなにも、楽しみですわぁ』と答えてしばらく無言が続いた。

時々彼の呻き声がする。

そのうちヒソヒソと『あまり慣れてなくて、ごめんなさい』と妻が言い、

彼が『いや、上手だよ。ここんとこも・・・』と言うと

『はい、』と言いながら『ここでよろしいですか』と丁寧に応えていた。

フェラをさせられていたのだ。

『とっても上手だったよ』と言われると『そんな、恥ずかしいですわぁ』と言いながら

仰向けの彼に重なり舌を自分から入れていた。

『これ、欲しい?』と彼に言われ『いえ、おまかせいたしますわぁ』と妻。

『ん?いらないんだぁ』と彼がじらすとか細い声で『いえ』、

『入れて下さい、入れてぇ』。

挿入されるとうわ言のように『そっ、これよ、これなのよ』と妻は発した。

後日、妻にいろいろと聞き出した。

『風呂、長かったけど何してたぁ?』と聞くと、

妻は『ぬるま湯にして半身浴してたのよぉ。

貴方たちだけでユックリと楽しませてあげようよ、と彼が言うから』とうそぶいていた。

俺が、『トイレに行ったときに遅いからちょっと覗いたんだぞ』と言ったら、

妻は『まったくぅ』とあきれながらも詳しく告白し始めた。

『彼が貴方の目を気にしないでジックリと抱きたいって言い出したのよ』、

『私も もうあのときは メロメロで約束違反だけど、、雰囲気に流されて、というか、、あの直後だし、、』

と妻の弁。

俺は『えっ、出したあと またすぐに入れれたのかぁ』と呆れて聞くと、

相手の男性は、その日バイヤグラを飲んでコトに臨んだそうな。

そのために 朝までカチンカチンだったとか、、、まったく、アホ嫁だぁ。

バイア使用だって 相手も妻も俺に言うべきだろぉとカチンときた。

時折、少し、ジクジクたまにこのSWのことは私ら夫婦の夜の話題になった。

まぁ、こういう効果がSWの良いとこなのだろうが、、、。

たいぶ日数を経てから妻からとんでもない あの日の報告(??)が。

相手のご主人は、シリコンボール(玉入れ)を3個も入れていたとのこと。

うぅ~ん、それじゃぁ、あんだけ異常にいかされるわけだぁ、と妙な納得。

しかし、このことを 何日間も秘密にしてた妻も、いったいなんなんだろう~だっ。

先日、『相手の奥様からメールがきて、こんど別室SWでどうでしょうかというお誘いがあるんだけど

どうする』と妻が聞いてきた。

『行きたいのか?』

と妻に聞くと『うん、私はどちらでも、、、』と答えていたけど、

心の底では行きたくてウズウズしてるのが分かった。

ほんと、女っていかされると、あぁ~なっちゃうんだぁという体験でした。

↓女を彼氏から寝取りまくりwww↓
osiri

このエントリーに対するコメントはありません。

コメントはこちらから




次のタグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

次へ »

« 前へ

レンタルサーバーとは